こすも児童クラブ運営要綱

大切にしていること

1.ねらい

小学校への入学は、一人の子どもにとって、継続的な成長・発達の中でのひとつの通過点であり分岐点ではありません。したがって、当事業所においては、「子どもたちの主体的な活動を促す環境を保障し、人と関わる力、他(人)を感じる感性:豊かな人間性を育てる」という理念の下で、こすも児童クラブの運営を行っていきます。こすも保育園・こすもキッズ小規模保育園・こすも児童クラブの併設、小学校が近隣という条件を生かしながら、幅広い年齢の相互横断的な関わりを通し、子ども一人ひとりの継続的な成長の場を作っていきたいと考えています。

2.内容

  1. 放課後児童の健康管理、安全確保、情緒の安定
  2. 遊びの活動への意欲を持たせると共に、遊びを通しての自主性、社会性、創造性を培うこと。
  3. 児童遊びの活動状況の把握と家庭への連絡。
  4. 児童の健全育成上、必要な活動(生活習慣、人間関係、自然体験)

※人間関係※

児童クラブに集まる異年齢の子ども達(障がい児等)がお互いに力を合わせ、目標を達成したり、困っている時は励まし合い、皆が毎日楽しくいられるような心を育てる。地域の行事に参加し、人との関わりの輪を広げる。

※自然体験※

動植物、水、土、などの自然物と五感を通して触れ合う事、遊ぶことで生命のすばらしさを感じる。身近な自然環境(海、山、川)の中で遊びを広め、五感の育成をする。

コメント

タイトルとURLをコピーしました